課題

 

 

・カタログチームとWebチームで持っている情報に齟齬が起きていた

・カタログ制作用データはExcel管理で行っており、更新確認ができていなかった

・繁忙期の残業がかなり多く、改善が必要だった

 

 

 

導入の効果

 

 

・蔵技を導入することによるカタログチームとWebチームの商品情報統一ができた

・綴技でデータ管理することにより、変更履歴や最新情報を追えるようになった

・組技で差分反映を行い、修正データを即時反映できたので業務時間を減らすことができた

 

 

お客様の声

 

 

 

カタログとWeb間の情報齟齬が問題でした。
Webはすぐ直せるのでまだどうにかなりましたが、カタログの金額を間違えてしまうとWebでもその価格で販売せねばならず、損益が出ていました。
蔵技を導入してからは蔵技のデータのみ管理し、そこからカタログとWebへデータ使用することにより問題が解決しました。

 

 

 

綴技で過去のカタログ商品データや最新の商品データを追えるようになったのは良い点でした。
それまでは過去のExcelを都度見ていたのですが、ファイル名の間違いなどもあり探すのに苦労していました。
カタログとその当時のデータをすぐ検索できたのはよかったですね。

 

 

 

組技を差分反映によく使用しました。
ボタンひとつでデータ反映できるのはとても楽でした。
レイアウトを崩さず文字のみ反映できるので、デザインを崩すことなく修正ができるのはよかったです。

株式会社 N.ジェン
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-8-10 JS渋谷ビル9階
TEL: 03-3713-9339